No one sees the real me

クラウドサービス基盤 SE

打診

◆絶対に必要な技術内容

VMware基盤プラットフォームの構築とテスト】
インフラ基盤エンジニアの構築経験、可能であれば設計

◆より具体的なイメージ

(プラットフォーム=インフラ基盤)
□プラットフォーム構築
 設計書に基づき、サーバやストレージの設置を行い、OS、ドライバソフトウェア、ミドルウェア等の
 インストールを行う。部品やソフトウェアおよびそのバージョン等について指定されたものがインスト
 ールされ、正常に起動することを確認する。
コンポーネントのコンフィグレーションパラメータの設定
 コンポーネント単体の動作テストを実施し、コンポーネント単体で正常動作を確認する。
□プラットフォームシステムテスト
 コンポーネントテスト終了後、コンポーネントを結合しシステムテストを行う。システムテストでは、
 結合されたコンポーネントおよびシステムの結合が正しく行われ、システム設計要件を満たしているこ
 とを確認する。システム性能についてもテストを行い必要に応じてチューニングを行う。
□システム化要件テスト
 システム化要求事項を満たしているかの確認テストを行う。
□関連文書の更新
 これまでに作成したシステム開発に関する文書類の更新を行う。
□プラットフォームの引渡し準備
 プラットフォームの納入準備を行う。(ドキュメント整備、引渡し環境整備)

可能であれば(ゆくゆくはでも可)

□プラットフォーム設計
プラットフォーム要件定義を踏まえ、プラットフォーム設計を行う。
・プラットフォームアーキテクチャの設計
・可用性、性能、キャパシティ、拡張性、管理性、セキュリティ要件の実現方式の設計
・バックアップ/リストア方式の設計
・物理構成決定、製品選定
□ハードウェア、オペレーティングシステムミドルウェアなどのコンポーネントごとのコンフィグレー
ションパラメータの設計を行う。

全部IPA育成カリキュラムのとこからコピったZE

https://www.ipa.go.jp/files/000010274.pdf?_fsi=2kZruQF1